« 筋トレメニュー実践編・追加 | トップページ | ちょっと早かった »

2013年2月17日 (日)

何とかなって

こういうことは続くもんなんでしょうか?

1月にアランのことがあったばかりなのに・・・・・・・・・



そのあと、アンもアレックスもすっかり気弱になってしまったんです。

日中もあまり動かなくなって、空き箱の中や暗いとこでじっとしてることが多くなっていました。

体力的にも、力が弱くなっているのが分かります。




それでもアレックスはまだ心配するほどではないんですが。

それが顕著なのはアンなんです。


Cimg1794


体力が急激に衰えているのが分かります。

椅子からテーブルとか、椅子からシンクとかに飛び乗ることに時々失敗して落ちるようになりました。

この前は階段から降りる時に、下の方から床まで転げ落ちました。

ジャンプ力もそうですが、前足の力が衰えてるので、着地の時に身体を支えられないのです。

シンクの上から飛び降りようものなら、あごのあたりまで床にぶつけてしまいます。

なので、飛び上がれないようにしておいたり、抱いて床に下してあげたりと、気が抜けません。






今は一晩中暖房をつけて、寝る時には抱いて2階まで運びます。

一般的に猫はよほど寒くなければ暖房は要らないし、蓄熱する敷物でもあれば十分だと言われます。

自分で暖かいところを見つけて、勝手にそこに行きますからね。



でも、何ていうんでしょう。

自分の身体であまり発熱しないもんだから、寒いと冷えるばっかしみたいなんです。

もう14才になるので、人間年齢だと72才~85才と高齢だからでしょう。

いつも湯たんぽを用意しておくようにしています。

そして2階の廊下にもトイレと水飲み場を用意して、夜中に下に降りなくても良いようにしてあるんです。

朝になったら、また抱いて1階に連れて行くような感じですね。



まだアランの時ほどには弱っていませんが、身体は肉が落ちてきて骨がゴツゴツしてるし、毛並みもパサパサになってきてます。

自分で歩きまわれてるのが救いですが、見ていてもちょっと切なくなります。

今まで、アンはにゃんこたちの中では一番丈夫で活発な子だったんです。

母猫や兄弟猫が病気になった時には、いつも輸血用に自分の血液を提供していたんですよ。



アランもいなくなって、自分の役割りに区切りがついたと思っているんでしょうか?

なんとか乗り切ってほしいと思いますが、今年の桜を見れるかどうか・・・・・難しいのかも知れません。

« 筋トレメニュー実践編・追加 | トップページ | ちょっと早かった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何とかなって:

« 筋トレメニュー実践編・追加 | トップページ | ちょっと早かった »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ご協力お願いします

  • 東日本大震災からの復興にご協力ください


  • うさぎのHPに行くには
         ここをクリック


  • バナーをお持ち帰りください
    ブログ&HP用のもあります

お友だちリンク

プロフィール



  • 都道府県  東京都

    世の中、できればお気楽に過ごしたいと願っている大腿骨頭壊死患者です。
    詳しいことはHPで。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ