« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

靴底の材料 1

お久しぶりです。

お仕事のせいだと思うんですけど、ほんと最近お気楽日記の更新が滞りがちですね。

先週はとうとう1週間、空けてしまいました。

幸いまだ大きな苦情は来ていませんが、皆さんに忘れられないようにできるだけ更新していこうと思います。



ところで、今日は のお話です。

うさぎは今年5月からの新会社突撃に合わせて、靴を新しいものに履き替えました。

この靴、以前に何足かまとめ買いをして、毎年補高をしてきた最後のものなんです。

野球で言ったら、継投継投、また継投で乗り切ってきた最後のピッチャーのようなものなんですね。

しかも人生の9回裏はまだ遥か先、早急に新戦力を獲得しておかないと継投策が途切れてしまいます。




ところがです。

経験のある人も少なくないと思うんですけど、最近は靴屋さんに行っても補高できそうな靴ってほとんどないんです。

本家HPのアイテムコーナーでも説明していますが、靴底の材料や構造によって補高に向いてるものと向いてないものがあるんですね。

サンダルの底に良く使われているEVAスポンジだと安心なんですが、合成ゴム系だと難しいものもあるんです。

それは要するに接着剤の付きが良いか悪いか、そういうことと結びついてくるからなんですね。

でも、最近はそのEVAスポンジ底の靴なんて全くと言っていいほど見かけません。

しかも、靴底なんて見るからにゴテゴテと作りこんでて、構造的にも補高するのには無理があるものが多いんです。

ついでのおまけに、靴屋さん自体の減少という問題があります。

これは阪神大震災で、神戸の靴屋さんが大きな被害を受けてからその傾向が強くなったみたいなんですけどね。





5月以降、うさぎの手元には予備の靴もなくなっていたので、ちょっと焦って探していました。

うさぎ御用達の靴屋さんでは、何度も行きましたけど駄目でした。

これは、と思えるものがないんです。

靴って、何でも良いわけじゃないですよね。

別にフェラガモの靴でなくて良いんですけど、でも色や形、デザインにも好みというのがあるじゃないですか。

着るものとの相性 という問題もあるしね。

道歩いてても、靴屋さんがあると必ず入って、ひと通り見ましたよ。




そしてついに、7月になろうかって時に1足見つけたんです。

うさぎ的にはイマイチ好みじゃないんですけど、もう妥協するっきゃないかと思って連れて帰りました。

ちょっとビジネス臭がするのと、お値段がねぇ・・・・・・・値段張りました

だってうさぎのお願いしている靴の補高代、2cmで送料込み¥5,560円なんです。

靴代+補高代、ですからね、 が大変なんです。



その靴がこれ。(補高後ね)

Photo

そして、この靴にはちょっとした不安もあったんです。


靴底にはEVAスポンジが使われてるように見えるんですが、踵とつま先部分にはちょっと硬い材料も使われていました。

特につま先部分ではほとんど全部がそれになってたんですね。

うさぎは、そんなことも書き添えて靴の補高をお願いしてみました。

事前の相談での業者さんのお話では、やっぱりやってみないと分からない部分というのがあって困るらしいんです。

補高に向いてない靴、接着剤がくっつかない材料の靴を持ち込む人もいるって言ってましたよ。



それでもとにかく、やってみましょうということで、届いた靴がこれ。

Photo_2


左が補高前、右が補高後です。

補高前の段階では、靴底に貼りついてる硬い材料がつま先部分でせりあがって、靴先を占領しています。

補高後では、その部分も含めて真ん中からカットして、補高剤を挟み込んで接着してあるのが分かりますね。

後は、生活の中で履き続けて、その部分が剥がれてしまうかどうか、ということで判断しするしかありません。

こればっかりは実際に使ってみないと分からないんですね。

ちなみに、2cmって言ってますけど、補高は踵で2cm、親指の付け根あたりで1.5cm、つま先で1cmです。



靴の補高をしている皆さんはどうですか?

靴底の材料なんて、あんまり考えないで靴買ってますか?



うさぎが今履いてる靴は5月からなのですが、この靴はお仕事専用にしようと思ってます。


・・・・・・・ってか、カジュアルな場面ではちょっとなぁ、なんですよね。



そんなこんなで、それからもしつこく探し回って、実は冒険 をしてしまいました。

靴底の材料的にはほとんど無理かもと思ったんですけど、好みの靴だったもんでお願いしてみました。


お話が長くなったので、続きはまたこの次に・・・・・・・です。

2013年7月20日 (土)

5年以内に

17日の水曜日、7ヵ月ぶりに大学病院に行ってきました。

前回の診察は5ヵ月ぶりだったんですが、今回は半年以上も空けてしまいました、

会社に診断書出す必要が無くなったので、自分でもまだイマイチペース配分ができてません。


時期的に医療券の更新時期なので、この日はみんな1日で済ませてしまおうと、弾丸ツアーを強行しました。

大学病院、それから区役所の福祉課のある場所、みんなうさぎ宅からは交通の便の悪いとこにあるんです。

なので、全部タクシー歩きです。



午後2時予約ですが、2時の枠先頭を確保したくて10時には病院到着しました。

いえいえ、来院受付とレントゲン済まして、外来受付済ましたら別のミッションに行く算段だったんです。

ところがです。

患者さんが少なかったと見えて、午前中には診てもらえることになりました。

いつも死ぬほど待たされるのに、暑かったからですかね。




この日の1枚・・・・・・・いや、2枚です。

Cimg1972a

横になって撮る時って、身体は真っ直ぐにしてるつもりなのにどうして傾いて写るんですかねぇ。

仰向けに寝てるんだから、真っ直ぐに写ってて欲しいと思います。

左に写ってる右の股関節(ややこしいね)、骨盤とのすき間はまだちゃんと確保されてます。



新しい主治医とももうすっかり馴染んで、フレンドリーな会話が弾みます。

お股の様子は前回とあまり変化はないとのことで、このまま様子を観ていくということで良いと言ってくれました。



今回、筋トレのことも相談しました。

うさぎは5月からお仕事の関係でジムに通えなくなってしまったんです。

なので、以前通っていた医院で加圧トレを再開しようとしてるんですが、主治医の意見を聞くように言われてたんです。

Drの中には加圧嫌いの人もいるように感じてたので、ちょっと不安があったんですが、うさぎの加圧再開を快諾してくれました。

自身も加圧のことは良く知ってると言ってましたよ。

ホッとしました。


そしてこれが右お股のUPです。

Cimg1974a



実はもう1つ大事なお話があったんです。


今はこのまま様子見で良いけど



5年以内に手術した方が良い



そう言われました。



なんだかね、骨頭の潰れた骨がだんだん上に上がって来てるんだそうです。

やっぱりあんまり上に来すぎると、手術の時に臼蓋とのすき間が広くなりすぎて骨が足りないらしいんです。

他から骨を持ってきても間に合わなくなるって言うんですよ。

その場では、ちょっとだけ気持ちが動揺しました。


新しい主治医も、決して何が何でも手術っていう人ではないんですよ。

なので、別に無理強いしようとか、手術しないのはおかしいとか、そう思って言ってるのではないんです。

先々のことも考えて、このまま行った時の将来的なリスクについても考えておくように言ってるだけなんですね。


でも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ちょっとだけ動揺しました。


後で良く考えたら、それもこれももしかして5年、10年先に手術をした場合には、という前提でのことなのです。


でもまぁ、折角なので5年経ったらまたじっくりその後の進路を考えることにしておきましょう。

うさぎは別に手術否定派ではありません。

手術だって立派な選択肢だと考えていますよ。

状況によっては、うさぎだって手術に踏み切ることがあるだろうと思います。


でも、今はまだね。


とりあえず5年間はこのままいってもよろしいって、そんなお墨付きをもらったような気持ちです。


そんな7ヵ月ぶりの撮影会でしたが、あんまり長すぎるのでこれからは4ヶ月ごとにすることにしました。

次回は11月中ごろです。









弾丸ツアー



病院まで歩いて、それから医療券の更新用の診断書持って福祉事務所行って、それから伊藤8日堂行って新しい靴調達して、その後ニイハオ行きました。

歩数・・・・・・・11,871歩

歩行距離・・・7,122m

歩行時間・・・2時間20分

左のお股がかなりダメージ受けました。

普段は5千歩前後、2.5kmくらいなので、いきなりこの記録はハードすぎたみたいです。

やっぱジム行かなくなってから2ヶ月も経ってるからね。

加圧は切りの良いとこで、8月からにしようと思ってるんだけど、ほんと筋トレって大事だよね。

2013年7月16日 (火)

遠慮の仕方

朝、会社行くときいつも乗るバス停、この頃本当にバスの運転手さんが親切になった。

ちょっと前に、信号待ちしてたら、ずっと待っててくれててびっくりしたのが最初。

今日もまたずっと待っててくれてた。

でも、バスの行き先表示を見ると、乗りたくないバス。

ここを通るバスには、路線がいくつもあるけど、どれに乗ってもJR駅に行ける。

だからこのバスに乗ってもいいんだけど、問題が1つ。

駅前には、降車のバス停がいくつも並んでて、この路線のバスが停まるとこは駅から一番遠いのだ。

なので、せっかくの親切だけど、これに乗るとバス降りてから延々と歩くことになる。

バスの運転手さんはたぶんこの前と同じ、まだ若くってなかなかのイケメン。

せっかく親切に待っててくれてるので、乗らなきゃ悪いんだけど・・・・・

いつも乗らないと、他の人にも待つことをしなくなるような気がして悩ましい。

これがバスや電車で、席を譲ってくれるということなら、たとえ1駅でも絶対に断らない。

せっかくの親切を断ると、その人が誰に対してであれ、もうそんなことをしなくなるような気がするからだ。

おんなじようなこと言ってるけど、1駅でも席を譲ってもらって断らないのは本当にそう思うから。

運転手さんにいちいち説明もできないし、なんか分かってもらう方法がないだろか?

悩ましい・・・・・・・

2013年7月13日 (土)

やりましたよ

暑いっ!



熱いっ!!




梅雨明け10日とは言うけれど、毎日本当に


これでもか

って言うくらい暑いですね。 (@Д@; (@Д@; (@Д@;




先日、そんな暑さを吹き飛ばすような


とっても嬉しいことがありました。


Cimg1927


実は、さんざん迷った挙句に6月の検定試験、受けてたんです。

3月にダメが出たばっかしだし、6月までは時間が無いし、じっくり準備して11月に本番と思ってました。

でも、受けたり受けなかったりじゃ、やっぱり良くないとか考えたり・・・・・・・


なので、消化試合のつもりで一応受けておくことにしたんです。

そんなことだったので、あんまりここでは言わなかったんですね。

本当は。またダメだったら恥ずかしかったから。

おまけに5月からはお仕事が忙しくなって、まったくお勉強の時間が取れなくなってしまったこともありました。


自分でも 合 格 するなんて、全然考えられませんでした。



Cimg1926

点数はまぁ、はっきり言って自慢できるものではありません。


リスニング問題の2
長い文章を聞いて、問題を聞いて、そのあといくつかの回答を聞いて正解を選ぶ、文字が1個も出てこないやつ。

毎回これが一番難しくて苦戦してたんですが、今回はなんと 満 点 でした。



点数は自慢できなくても、合格は合格。

滑り込みでも、合格は合格です。

これで当分試験勉強からは解放されそうです。


でも、次はその内に準1級を受験したくなるかもですが・・・・・



ここには、ニイハオをお勉強中の人もたくさん来るようなので、うさぎが一番役に立ったと思う参考書を載せておきましょう。

Photo

左は池田書店、「中国語検定2級問題集」、右は東進ブックス「聴読中国語」

たくさんの参考書を使いましたが、中でもこの2冊はイチオシですよ。


中国語2級検定に合格して、気持ちの負担が、ココロの重荷が1つ減ったような、そんな解放感に包まれております。

熊さん、やったよ~

2013年7月10日 (水)

とりあえずは

とりあえず、第1ラウンドが終わりました。

前にお話した、新しい子会社をどうこうするっていうやつです。

午前10時ぴったりに、グループ中核部門の幹部3人が乗り込んできました。

しかも、直前の電話で取締役にビルの前で待ってるように命令してきたんです。
かなりの高圧的な姿勢。
主導権を取るための先制パンチでしょうか?

取締役以下、昨日からピリピリしてました。

要所要所には箝口令を敷いて、今日だけ出入り禁止になった人もいるんです。

ダース・ベイダー3人を迎え撃つのは、本社からやって来た助っ人1人と取締役の2人。

挨拶もそこそこに、5人はすぐに会議室にこもってしまいました。

暫くは穏便に話してたみたいなんですが、だんだんと佳境に入ってきたようで、言い合う声が聞こえてきます。

「結局?〓!〓が、商社を通さないでできることは何があるんですか?」

とか

「だから言ってるでしょう!」

とか、まるであの事業仕分けみたいでした。

言い争いは、午前中いっぱいかかってやっと終わりました。

帰る時も、みんなポッポしてましたね。

なんとか第1ラウンドは撃退したみたいですが、まだまだ終わりではありません。

第2ラウンドはどうなるんでしょうね?

2013年7月 6日 (土)

熱い季節が

なんとなんと

梅雨が明けたんだってねぇ。


Photo





←ちょっと違っ






いつもの年より2週間は早い。

地球はいったいどうなってしまうんでしょうね。






夏大好きなうさぎにとっては、ありがたいことですけど。

なんてったって、夏の暑い季節を2か月間も楽しめますからね。




そんなことに影響されたのかどうか、会社をとりまく空気も一気にヒートアップしてきたみたいです。

というのは、前にもちょっと言いましたけど、新しい子会社を作る構想ってのが完全には潰れていなかったのです。


うさぎのいる会社は、元々はさるところの○○団体が前身。

なので、携わる業態の範囲はかなり広くって、今でも会社の約款なんか見ると、ありとあらゆる業務をやれるようになっています。

ところが、年数が経つにつれてだんだんと別に子会社が作られて、仕事を奪われてきたんですね。

新しい子会社をたくさん作る⇒⇒⇒元偉いさんの行き場が増える

とまぁ、そんな構図です。




今回、社長の座と引き換えになんとかそれを阻止したかに見えたんですけども、そうではなかったようなんです。

来週、グループの中核部門から視察と称して何人かが会社に乗り込んできます。












Imagesca5gul18


いったい何を視察するんだか・・・・・


同じグループといっても、そこはやっぱり見られると困るものもあるわけで、ドタバタです。

まるでガサ入れか、マルサが入る前のような会話が飛び交ってて・・・・・

ヤバイものが出てきたり、聞かれたことにヘタを打ったりしたらつけ込まれますからね。


毎日8時間、眠気と戦っている一生懸命お仕事してるうさぎにとって、本当に眠気も吹き飛ぶ刺激的な展開です。

いったい結末はどうなっていくんでしょう?

2013年7月 1日 (月)

歓迎会

今日、そうなんです。

新しい社長の。



社長のって、あんまり聞いたことないんですけど、普通にやるもんなんですかね?

先週の金曜日には、今までの社長の送別会がありました。


あっ、たしかどこかで偉いさんをやってた人です。

今度の人も、一応それなりの肩書きがあるんですけど、社員を集めて歓迎会って・・・



先週の送別会は、急に開始時間が早くなっちゃったんで、出なくてすみました。

今日はどうなるんでしょうね?




うさぎの上司を始め、役員の人たちはみんな戦々恐々としてます。

ああいう人たちって、みんな先輩後輩とか、親分子分みたいなとこがあって、そういう関係は絶対なんですね。


別会社に行った人なのに、いまだに取締役の名前を呼び捨てで電話してくるのもいるんですよ。

偉くなっても、いつまでもそれじゃ可哀想だと思います。



新しい社長の顔も見ておきたいけど、歓迎会はパスしたい。

なんとかフケられますように。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ご協力お願いします

  • 東日本大震災からの復興にご協力ください


  • うさぎのHPに行くには
         ここをクリック


  • バナーをお持ち帰りください
    ブログ&HP用のもあります

お友だちリンク

プロフィール



  • 都道府県  東京都

    世の中、できればお気楽に過ごしたいと願っている大腿骨頭壊死患者です。
    詳しいことはHPで。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ