« 加圧、再開しました | トップページ | ある夏の1日 »

2013年8月 4日 (日)

靴底の材料 2

暑いですねぇ・・・・・・・

これってもう、毎日のあいさつ言葉になっちゃってますね。


外回りの人は、本当にご苦労様なことだと同情しております。

うさぎは1日、ずっと会社の中なのですが、それでも出勤するだけで汗が噴き出ています。

皆さん、休養とビールでも飲んで水分をしっかり摂って、できるだけ身体を休めるようにしましょう。
           ↑ ( では水分を摂ったことにはならず、逆効果になるので注意しましょう)





さてさて、今日は 「前回お話した補高靴 1」 の続きです。

前回お話した靴も、長年探し続けた末にやっと見つけたものなんですが、やっぱり不満があったんです。
              ↑(実際は、そんな長年とかじゃないんですけどね)

んなんで、同じ靴売り場にあって、気になってた好みのデザインのを幸和義肢さんに相談してみました。

この靴、デザイン的にはバッチシなんですが、靴底の材料がちょっとね、不安があったんです。


その靴がこれ

Photo

靴底の形(溝?ギザギザ?)は、そんなゴテゴテでもなく、しっかり土踏まずのとこもあっていい感じです。

付いてたタグには、靴底の材料として「合成底」と書いてありました。

「合成底」って、一応合成ゴムのことだとは思うんですけどもね。

イマイチ確信が持てなかったんです。



余計な話ですけど、こんな形でも靴底の材料が表示してあるのなんて、今では珍しいですよね。



で、うさぎがなんでこんなに靴底の材料にこだわるのかと言うとですね、それは靴底の材料によっては補高できないものがあるからなんです。

どんな材料が補高に向いていないのか気になる人はうさぎの本家HPの「アイテムコーナー」も参考にしてください。



一応それによると、合成ゴムなら大丈夫なはずなんですが・・・・・・・

見た目がゴムのようには見えないんですよ。

Photo_2

ほらね。

なんだか、樹脂系の・・・・・っていうか、プラスチック系のっていうか、手触りも硬い感じがするんです。

それでも、指で押すとちょっとですけど弾力がありそうだし、ねじるとそれなりにねじれます。

ちょうど硬めのラバーか、硬質ゴムのようにも思えました。



お店でも何枚か写真を撮って、幸和義肢さんにメールで送って、うさぎ担当の人と電話で相談したんです。

でも、結局のとこは実際にやってみなければ分からないけど、やる価値はありそうだということになりました。

靴底をちょっと削ってみれば、接着剤が着くか、着いてもすぐ剥がれてしまうものなのかが分かるらしい。

靴を送っても、駄目なものならそのまま送り返されることになりますけど、思い切って1足購入しました。




電話で相談してて分かったことなんですけど、ゴムでも油分を多く含んだものは接着剤が着かないんだそうです。

知りませんでした。

日本の技術は進んでるので、どんな材質のものでも接着できるスーパー接着剤があると思ってたんですけどね。





駄目だとお金が無駄になっちゃうけど、思い切って送って連絡を待ちました。

そして、待ちに待った連絡で言われました。

「少し削ってみたら、一応大丈夫そうなのでやってみましょう。」

それを聞いて喜んだんですが、こうも言われたんですよ。

「でも、絶対はないので、実際にはやっぱり履いて生活してみないと、どれくらいもつのかは分かりません」

ということで、手放しでの安心はできないんです。




そして1週間後。

Photo_3


送られてきた靴は綺麗に補高されていました。





あれれ?


でも・・・・・・・




見かけがちょっとおかしいんです。

見た目がツルツルしてるというか、スベスベしてるというか・・・・・最初はもっとザラザラしてたはずなんです。




暫く眺めててやっと分かりました。

あの、最初のザラザラした見た目は合成ゴムを表面処理したものだったんですね。

それで見た目だけは樹脂系のに見えたり、プラスチック系のに見えたりしてたんです。

分かり易いように、左右の靴を並べてみました。

Photo_4

ほら、見た目が全然ちがうでしょう?

うさぎは、今までこういう見た目の靴底のは最初から駄目だと思ってましたから、手を出しませんでした。


もしかしたら、大丈夫なものもあったかも知れませんね。

なんせ、駄目な靴送ったらお金が無駄になっちゃうという気持ちがありましたから。




つま先の方はこんな感じになってます。

Photo_5

これからは、靴探しも間口が少しだけ広がって探しやすくなるかもです。






でもでも


結局は、この靴を履いて生活して、半年、1年経たないと実際のとこはわからないんですけど。

でも、そんなこと言ってると、また靴探しで苦労するので同じ靴、追加でまとめ買いしてしまいました。

今の靴は5月から履き始めたので、多分来年になってからです。

それも、お仕事専用靴と一緒に履き始めることになります。

なので、「履いてみてこうだった」と報告できるのは、いったいいつのことになるやら・・・・・・・


でも、きっと報告しますね。

« 加圧、再開しました | トップページ | ある夏の1日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靴底の材料 2:

« 加圧、再開しました | トップページ | ある夏の1日 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ご協力お願いします

  • 東日本大震災からの復興にご協力ください


  • うさぎのHPに行くには
         ここをクリック


  • バナーをお持ち帰りください
    ブログ&HP用のもあります

お友だちリンク

プロフィール



  • 都道府県  東京都

    世の中、できればお気楽に過ごしたいと願っている大腿骨頭壊死患者です。
    詳しいことはHPで。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ