« どうなるの? | トップページ | 夏だ〜 »

2014年7月23日 (水)

歩けてれば

東京・関東、やっと梅雨が明けましたね。

梅雨明け10日って言うけど、ほんと半端ない暑さです。
東京は、最高気温34度って言ってましたからね。

そんな猛暑の今日、うさぎは7月の定期診察に行ってきました。


ぎっくり腰 の治療も1ヶ月続いてますが、どうやら7月いっぱいで通院の必要は無くなりそうです。
今日の診察に間に合って良かった。
この暑さの中で、まだ治りきってない腰抱えて歩いてくのは大変なので、バスを乗り継いで大回りして行ってきたんですよ。



午後2時の予約、かなり早めに行って、待合で涼んでたんですね。
1時半には呼ばれてしまいました。

Drにはぎっくり腰のことやら、最近右脚のスネの外側あたりが痛むことがあるって言いました。

だって今日、他に話題にすること、あんまり思いつかなくって・・・・・

案の定、Drからは「それもこれも、手術してないから色んなとこに無理が来てるんだ」って言われてしまいました。


分かってたんですよね、そう言われるの。

やっぱり、こんなこと言わなきゃ良かったって後悔しました。


今のDr、しつこく強くは言わないんですが、診察のたびに手術を勧めてくれます。

うさぎも、折角の好意で言ってくれてることなので、邪険にはしてませんよ。
返事を曖昧なものにしてるだけです。



肝心の結果ですが、いつものように大きな変化は無しってことで、帰ってきました。

折角なので、写真載せときます。

201407232013071720120718_2            ↑↑↑↑↑
左・・・2014年7月23日
中・・・2013年7月17日
右・・・2012年7月18日
です。

3年分を並べてみました。
見る角度、写真の角度でちょっとした違いもありますが、大きな変化はありません。

ただ、臼蓋の外側のあたりについている骨頭(?)の部分が削れてきてると言えば言えるように感じますね。

骨盤とのすき間は、ちゃんと保たれていることが分かります。


ここまで来てしまうと、骨頭の再生は無理だと思いますが、日常の立ち居振る舞い に支障が無ければ良しとするだけですね。


今回は、側弯症のことも話題になって、それはうさぎも気にかけていたことなので、あれこれお話しました。

Cimg2338a_2 ちょうど2007年の初診の時撮ったレントゲンがあったのでちょうど良かったです。

次回の診察の時にも撮ってもらって、比べてみることになりました。

この写真までには、脚を引きずる ようになってから1年近くが経っていたんです。

なので、その間ずっと右脚をかばってお仕事&生活してましたから、背骨も随分苦労してたんだと思います。

一番下の骨盤から出てる背骨の2番目のあたり、この辺からちょっと、グニャッと曲がってるようにも見えますね。

もっとも壊死になるずっと前に、第三腰椎が曲がってると言われて、痛みもあったので、長期に治療はしてたんです。

なので、このグニャッとが、壊死と関連があるのかどうかは定かではありませんが。

いずれにしてもグニャは、やっぱり良くはありません。

と言うことで、次回の診察は12月になりました。

難病認定の更新手続きのタイミングも分からないし、都営交通の無料パスの更新も12月なのです。

何の問題も無く、スムーズに行くことを願っております。

« どうなるの? | トップページ | 夏だ〜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩けてれば:

« どうなるの? | トップページ | 夏だ〜 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ご協力お願いします

  • 東日本大震災からの復興にご協力ください


  • うさぎのHPに行くには
         ここをクリック


  • バナーをお持ち帰りください
    ブログ&HP用のもあります

お友だちリンク

プロフィール



  • 都道府県  東京都

    世の中、できればお気楽に過ごしたいと願っている大腿骨頭壊死患者です。
    詳しいことはHPで。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ