« ヤケド | トップページ | 最強の台風 »

2018年8月26日 (日)

難病更新書類

尋常ではない暑さで、お気楽日記の更新をサボってしまいました。

6月末の梅雨明けから早や2ヶ月、うさぎの大好きな暑い暑い夏を例年の2倍堪能しております。


とは言え、毎日毎日暑いこと尋常ではありませんね。

東京の、今日の予想最高気温は37℃ですよ、奥さん。



そんな暑い夏

うさぎは昨日、特定疾患の更新書類を受け取りに大学病院行ってきました。


8月4日に記入用紙を届けて、25日に受け取りたいって希望を伝えてあったんです。


そして昨日、当日になってやっとできてるって連絡がありました。



いつものようにDrの記入内容を確認。





えっ?





問題はない ???


Kousinn20180825

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
これ
左が提出前に自分で記入したやつで
右がDrが記入したやつ


生活状況の記入欄

「移動の程度」から「ふだんの活動」まで

うさぎが記入チェックいれたのは「いくらか問題がある」ってとこ

なのに、Drがチェックいれたのは「問題はない」


おまけに

「痛み/不快感」と「不安/ふさぎ込み」ってとこも

らさぎがチェック入れたのは「中程度ある」



そいで

Drがチェックしたのは「ない」のとこ。


オヨヨですよねーーー


ここ、去年はDrも記入してなかったとこなんですよ。

なんでですかねぇ?







気になる重症度判定に関係する点数にはならないとこなんですけどね。

ちなみに、右が40点、左が90点です。←(ここ去年と同じ)




夏とはいえ尋常ではない暑さが続くので

昨日加圧に行った途中で撮った涼しさ



是非、音声を出して、ボリュームも少し上げて、涼しげな水音をお楽しみくださいませ。



どうでしょうか、少しは涼しさを感じますかね?

« ヤケド | トップページ | 最強の台風 »

コメント

残暑お見舞い申し上げます。あち~~sun
特定疾患・・・きびしくなってます。右88点 左(壊死)26点でした。
重症としてみるか?いずれ人工術。。その日まで更新をしていきたいのですが・・・本当に微妙。、万が一だめとしても 国保でなんとかなる、もしかしたら国保のほうが安いかも・・
先生は、早くして人生変えなさいですが、10年たち、先生もあきれてて・・
障害者手帳も考え方が変わって「人工関節は可動域がひろくなる」で手帳の級があがることなく、手帳は、でない人もおられるとか。
うさぎさん 足の長さですが、進行してませんか?


おはようございます。
私は右40点ですが、更新の方は大丈夫だと思います。
むむじさんは26点とのことなので、心配することはないと思いますよ。
まぁ、認定や更新、手帳の審査は以前よりもキツくなってしまいましたね。
患者の実情に応じて対応してくれるといいと思います。
脚の長さ?
脚長差は変わってないです。たぶん年間1ミリとかで骨盤削れてたら5年10年単位で大きくなっていくのでしょう。
今のとこ気にはなりません。
そだ
むむじさん、スリッパ大丈夫ですか?

書類だけの判定なので本当に・・・。 楽しみに待ってます(*^^*)
変わりない・・がいちばんですね。

そうそ、スリッパ、今は、暑いのでやってません。片足、つま先で歩いてますが・・
でも私の先輩(壊死の)にこのスリッパのこと伝えたら、大喜びでした!「考えつかなかった」そうですよ。ありがとうございます。
またいろいろ生活のアドバイスを教えてください。

(^。^) 先輩が大喜びとは、嬉しいですね。
書類、明日会社半休して区役所に提出です。

うさぎさん その申請書類を書いてもらった金額はいくらですか?差し支えなかったらで。
私は8640円、高くない?!以前無料の病院もあったけど病院に任してるそうで、受給者証をあまり使わないから申請しない人もおられるとか。私は、いずれ手術となるので更新していきたい、でも1年毎は大変です~。私の過去の手術のときは、特定疾患受給なんてなかった。

『診療録(カルテ)の開示を患者らが求めた際の1回あたりの手数料が、81大学病院のうち14大学は5千円以上だったことが文部科学省の調査でわかった。27の私大が手数料をとる一方、50の国公立大は全て無料だった。
 最も高い手数料は13大学の5400円(税込み)。3千円台が11大学、2千円台が2大学だった。私大でも自治医科、金沢医科、愛知医科、近畿の4大学は手数料が無料だった。』

以上は、8月26日の新聞記事の要約です。(調査の対象は大学病院)
カルテの開示料金ですが、診断書等の文書料も同額だと思います。
バラツキはありますが、確かに高いですね。わたしのとこも5千円(税別)です。仕方なく更新のたびに毎年払っていますが、特定疾患のように「医療費助成」を必要としている患者に、他方でこんな高額を請求することに矛盾も感じています。

はじめて知りました。
医師の異動で病院が遠方になり「週1で むむじの近くの整形外科へ行きますよ」と言われて 個人の整形外科へ今年はお願いしました。レントゲン技師 ありえない撮り方で 痛くないはずの股関節の痛みがでて 腹がたった。ここでは言えないですがm(_ _)m 
医師は、金額のこと知らないですよね。話せたら、話してみようかな と思ってます。
わざわざありがとうございました!興味ある新聞記事(*^^*)

どういたまして。
お役に立てて良かった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542880/67097832

この記事へのトラックバック一覧です: 難病更新書類:

« ヤケド | トップページ | 最強の台風 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ご協力お願いします

  • 東日本大震災からの復興にご協力ください


  • うさぎのHPに行くには
         ここをクリック


  • バナーをお持ち帰りください
    ブログ&HP用のもあります

お友だちリンク

プロフィール



  • 都道府県  東京都

    世の中、できればお気楽に過ごしたいと願っている大腿骨頭壊死患者です。
    詳しいことはHPで。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ