カテゴリー「にゃんこ」の22件の記事

2016年3月30日 (水)

どうしたもんか

にゃんこのダイキチ、ちょっと困ってることがあります。

生後3ヶ月くらいまで、ノラ生活だったせいか噛み癖とひっ掻き癖が抜けません。



↑数日前にやられました。(お目汚しですいません)

あんま分からないかもですが、きずの周り3㎠くらい赤くなってます。

にゃんこの引っかきキズって、侮れないんですよね。typhoon

なんたら言うウイルス入って、原因不明の高熱とか出て、帰らぬ人になったらどうしょう。

マジそう思って心配しました。




それとは関係無いと思いますが、とってもすばしっこいんです。


実は半月ほど前、ケータイの充電コードが断線して使えなくなってしまいました。



うさぎの扱い方が乱暴だったせいか?

そう反省して、新しいコード@純正品を購入したんです。

それが1週間ほど前、またコードのあちこちにキズが付いてるじゃありませんか。

それでやっと犯人(犯猫?)が分かりました。

ダイキチが噛み付いてたんですね。






↑断線して使えなくなったコード

しばらく対策を考えて、一昨日100均行って水道ホースを買ってきました。




これで大丈夫なはず。

困りましたね。cat

2016年3月 3日 (木)

新しい家族

今日、メッチャ暖かくて、お昼なんか陽射しが痛いくらいでしたね。

この暖かさ、しばらく続くみたいで、うさぎも喜んでおります。


桜の季節も、もうすぐそこですね。


実は、そんな桜の季節




ではなくって




冬真っ盛りの去年の12月←( の末の頃 )



うさぎ宅に新しい家族がやって来たんです。




遠い他県の公園で保護されたんだそうです。

生後だいたい3ヶ月らしい。

ボランティア団体の連携プレーで、東京までやって来て

恵比寿で里親なってくれる人待ってたんですね。


いわゆるミックス、昔で言ったら雑種のノラ猫ですけど

なんでも、ペルシャの血が入ってるらしい。

そのせいなんか、ものすごく活発。

上のは、狭いカーテンレールに乗ってるとこ。


今は、キッチンのシンクの中に興味深々。

そこに入って、水とか、そこら中舐めたくてたまらないようなんです。

なので




今日、帰りにダイソーで調達してきました。

これ、シンクよりかは小さいんですが、ビールの空き缶とか横にしといて、その上に置いときます。

グラグラしてて、網目だし、足場悪いからシンクに入るのを諦めると思うんです。


まぁ、やってみないと分かりませんけどね。


また当分、あれこれ手のかかることが続く予定になりました。

2015年9月21日 (月)

その時が

昨日、アレックスが旅立ちました。

苦しんだような様子をほとんど見せなかったのでホッとしています。


本当は、そんな体力も残ってなかったんだとは思いますが ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


Photo
↑(なかなかじっとしてない子なので、足元散らかってますが)

一番の暴れん坊だったアレックス、憎まれっ子世にはばかるを地でいったようなアレックス。

でも、最後にはみんなを癒してくれたアレックス。

ありがとう。

おつかれさまでした。



これで、うさぎ宅にいた7人のにゃんこさんはみんな遠いとこに行ってしまいました。

きっと今頃は、西のお空で、家族みんなで、元気に走り回っているんだと思います。

2015年9月19日 (土)

アレックス

とっても具合が良くありません。

病気があることはあるんですが、それが原因のことではないんです。


年なんです。

老衰 ・ ・ ・ ・ ・


16歳

人間の年で言ったら、もうかなりのお爺さん。


1週間くらい前からずっと寝たきりみたくなってて、ご飯も汁っぽいものをちょっとだけ。

それも自分ではできなくなってて ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


体力的にも、もう限界になってるようで、いつ逝っちゃっても不思議の無いとこまでなってる感じ。



Img_8389400

↑今の様子でお写真上げるのは可哀そうなので、半月前くらいのにしておきました。


苦しそうにはしてないので、それがせめてもの救いです。

2015年8月19日 (水)

元気になって

暑い日が続いてましたが、低気圧の影響でここ数日はなんだか真夏の中休みですね。

うさぎとしてはとても残念なんですが、過ごし易いのが何よりです。



人間だけではありません。

こういうのは、にゃんこも同じですね。

うさぎ宅のにゃんこ、1人ぽっちになってしまいましたが、やっぱり暑過ぎるのは負担になってます



もうだいぶ前から具合が良くないんです。

上の写真は、単なる寝てるとこです。

首が心配になる程曲がってますが、にゃんこは 平気みたいです。




具合が良くないのは、やっぱり年のせいなんです。

要するに老化です。

人間で言ったら、もうかなりのお爺さん。

体力の衰えがすごいんです。



他の兄弟にゃんこもそうだったんですが、体力落ちてくると、皆んなシンクの上に上りたがりますね。

何故だか分かりませんが、床からジャンプします

見ててハラハラしますけどね。



エアコン効かせてても、夏の暑さはやっぱりきついようで心配してます。

最近は口からの出血が頻繁にあるんです。

のどのあたりに腫れ物があるみたいなんで、きっと良くないものができてるんだと思います。

妹のアニーと同じ感じです。

何とかこの夏を乗り切ってさえくれれば、あとは涼しくなるんで身体も楽だと思うんですが。

2013年3月 4日 (月)

なかなかねぇ

皆さん、色々とご心配ありがとうございます。

長年一緒に暮らしてきた動物は、もう自分の子供のように想うものなのですね。

ある意味、人間の子供よりも可愛く、愛おしい存在なのかも知れません。


でも、悲しいかな人間よりも命の輝く時間が短いのです。

なので、その日が来ることは最初から分かっていたことなのですね。

逆に、人間よりも長いと、あとのことが心配になりますが・・・・・・・

難しいところです。



うさぎ宅には最初、お母さん猫がやって来て、その後にお父さん猫がやってきたのです。

子猫も生まれて、一時は11匹に。

ほどなく4匹は世話してくれたブリーダーさんに引き取られ、7匹のにゃんことの生活になりました。


病院以外は一歩も家から出ることはなかったけれど、狭いながらも家の中で走り回ったりして、本当に楽しい毎日でした。

同じにゃんこでも、やっぱりそれぞれ個性というのがあって、それもまたどうしようもなく可愛いものです。


なかでもアンは愛嬌のある顔と、7キロ近いずうたいで、毎日笑いを振りまいていたのです。


Cimg18522


実はアンには名前が2つあるのです。

やっこさんみたいな顔つきが、田吾作を思わせたので、うさぎは〇*と呼んでいたんです。

〇*は、まだ公開する気にはなれません・・・・・(ちょっとね)

にゃんこって利口で、2つの名前をしっかり認識しているんですね。

どちらの名前で呼ばれても大丈夫でした。



1月にアランのことがあって、そのあと、あれよあれよと言う間に身体が弱ってきたので、世話をする時間は少なくありませんでした。

それなりに、その日が近いと覚悟も迫られました。

数日前には顔をくしゃくしゃにして涙も出したし、アランのあとすぐだったので、割りと耐えられたと思います。

言われたように、時間が解決してくれるのを待つ心境になっていたのです。

でも、どこにいる時でも近くにアンがいるようで、しかもその光景をありありと思い浮かべてしまいます。



やがて時間が経てば癒えていくものなのでしょう。

泣くことはないはず。



そのはずだったんですが、先ほど火葬をお願いしたお寺さんから電話があって。


「無事済みました」 と言われたら・・・・・・・



もう、駄目でした。

帰宅して、突然の電話で言われたので、一気に涙声になってしまいました。

恥ずかしい・・・・・・・ってか、情けない限りです。

どうしようもないですね。


合掌

2013年2月28日 (木)

その時が

28日、夜中の午前3時30分過ぎ

アンが眠りにつきました


日中に一人で世話をしてたら

急にこみあげるものがあって、涙がたくさん出たせいか割と冷静でいられました


どの子もいい子なのですが

中でもうさぎに一番なついてたのがアンなのです



くりごとですが、うさぎの番が来るまで一緒にいてほしかった

2013年2月26日 (火)

ここ一両日が・・・

数日前から水とか、ヨーグルトとか、そんなものしか摂らなくなってます。

それも随分と時間をかけて、ちょっとだけです。


鶏肉とか魚の方が体力になるんですが、もう噛むチカラも無いみたい。

水を飲むために顔をあげて、お皿に這いずって近寄るのがやっとって感じなんです。


抱き上げてキッチンとか、その他元気な頃のお気に入りの場所を見せてあげました。

その時だけは、顔や目つきに生気が戻って、きょろきょろと見回していました。

手足を踏ん張って、そこに行きたげにしたので驚いたくらいです。



ですが、体力が戻らないことには何分どうしようもありません。

無力さを感じるばかりです。

2013年2月17日 (日)

何とかなって

こういうことは続くもんなんでしょうか?

1月にアランのことがあったばかりなのに・・・・・・・・・



そのあと、アンもアレックスもすっかり気弱になってしまったんです。

日中もあまり動かなくなって、空き箱の中や暗いとこでじっとしてることが多くなっていました。

体力的にも、力が弱くなっているのが分かります。




それでもアレックスはまだ心配するほどではないんですが。

それが顕著なのはアンなんです。


Cimg1794


体力が急激に衰えているのが分かります。

椅子からテーブルとか、椅子からシンクとかに飛び乗ることに時々失敗して落ちるようになりました。

この前は階段から降りる時に、下の方から床まで転げ落ちました。

ジャンプ力もそうですが、前足の力が衰えてるので、着地の時に身体を支えられないのです。

シンクの上から飛び降りようものなら、あごのあたりまで床にぶつけてしまいます。

なので、飛び上がれないようにしておいたり、抱いて床に下してあげたりと、気が抜けません。






今は一晩中暖房をつけて、寝る時には抱いて2階まで運びます。

一般的に猫はよほど寒くなければ暖房は要らないし、蓄熱する敷物でもあれば十分だと言われます。

自分で暖かいところを見つけて、勝手にそこに行きますからね。



でも、何ていうんでしょう。

自分の身体であまり発熱しないもんだから、寒いと冷えるばっかしみたいなんです。

もう14才になるので、人間年齢だと72才~85才と高齢だからでしょう。

いつも湯たんぽを用意しておくようにしています。

そして2階の廊下にもトイレと水飲み場を用意して、夜中に下に降りなくても良いようにしてあるんです。

朝になったら、また抱いて1階に連れて行くような感じですね。



まだアランの時ほどには弱っていませんが、身体は肉が落ちてきて骨がゴツゴツしてるし、毛並みもパサパサになってきてます。

自分で歩きまわれてるのが救いですが、見ていてもちょっと切なくなります。

今まで、アンはにゃんこたちの中では一番丈夫で活発な子だったんです。

母猫や兄弟猫が病気になった時には、いつも輸血用に自分の血液を提供していたんですよ。



アランもいなくなって、自分の役割りに区切りがついたと思っているんでしょうか?

なんとか乗り切ってほしいと思いますが、今年の桜を見れるかどうか・・・・・難しいのかも知れません。

2013年1月 6日 (日)

分かってはいても

アランがいってしまいました。


家族の腕の中で、眠るように・・・・・・・


ブログはしばらくお休みします。

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ご協力お願いします

  • 東日本大震災からの復興にご協力ください


  • うさぎのHPに行くには
         ここをクリック


  • バナーをお持ち帰りください
    ブログ&HP用のもあります

お友だちリンク

プロフィール



  • 都道府県  東京都

    世の中、できればお気楽に過ごしたいと願っている大腿骨頭壊死患者です。
    詳しいことはHPで。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ